• G+
Vol17.

Vol17.このような場面で使われているポメラ


持ち運びしやすいコンパクトかつ軽量な文書作成機として、2008年の登場以来安定した人気を保っているポメラ。中古品でも購入が難しくなったワープロの後継機としてこちらを選ばれる方も多いと思います。2012年にはより使いやすさを追求したDM100へモデルチェンジして、その人気を不動のものにしつつあります。そのポメラは一体どんな場面で使われているのか興味を覚えて少し調べてみました。まず電源を入れてから2秒で使える素早さから、メモ帳の代わりとして使われていますね。外出先や外出途中で思い付いたときにすぐノートパソコンを使うのは大変ですし、スマートフォンやタブレットでもアプリを起動させるのに2秒では難しいですから、メモ帳の代わりとしてはピッタリです。それから会社の議事録を作成する担当の方が、会議の内容を記録するときに使っているそうです。DM100の場合単3アルカリ乾電池で20時間以上使えますから、会議が長時間になっても安心して使えることや、持ち運びに便利な小型・軽量のサイズなので、建物内のどんな場所での会議にも持って行きやすいことが魅力になっているとのことです。大学の講義やセミナーなどで、ノートの代わりに使う方もいらっしゃるようですね。このような使われ方をしているポメラは人気が高く、中古市場では品切れが続くことが多いと聞きます。そのため買い取りへ出すと高い査定が提示されることが多く、当店のワープロ買い取りサービスでもワープロに代わる製品として高価で買い取りしております。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのワープロ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ